MFA体感!

さて、先の記事で記した取り扱いを始めたゼスティノタイヤの07Rをお客様に提案するにあたり街乗り・普段使いでどんなもんかと、1セット転がし用に組んでみました。
・ダンパー
 スーパーオーリンズ アズライトスペック(詳細はお任せ仕様)
  18インチ何で、街乗り減衰ダイヤルをちょっと硬くセット
・スプリング
 Suspension Plus UC-01 12kg/10kg
  前後共7inchをプリ0
・ホイール
 フロント:9.5J/リア:8.5J
・エア内圧
 フロント:250/リア:220


あ、タイヤサイズは255/35-18

17インチのDL Z2☆からの比較ですが、収まり悪りぃぃ。乗りごごち悪いぃぃ。CDが飛ぶぅぅ。
と、久しぶりにときめくような昭和のレーシーさ(笑)

と、前置きが長くなりましたm(_ _)m

たまたまなんですが、KM1に異音対処に行ったときにその乗り心地を何とかするセッティング方向や提案したいと雑談の中でしたんですが、そこで出てきたのが…

MFA

IMG_1369.jpg説明聞かずにインプレッションだけ下さい!

と、待つこと10分ぐらいの作業。

見たところ、ミストセパレーター部分ともう『一個何か』が…

略称だけ伝えられて、これを通したエアに入替してエア圧は入替前と同様に。実際には+50ぐらいでした。


相変わらずレンズを向けると、素晴らしい笑顔で目線をくれるおがたさん(笑)

IMG_1368.jpg

で、インプレッション…

作業場から屋外に出るときの段差で違いがわかりました(笑)

その後、周辺を一回り。荒れた部分を選んで転がしましたが、はっきりと乗り心地は良くなってます。(良く転がり、収まりが良い)

で、そのMFAというのは…

--------以下、説明文の引用-------

 マイクロファインエアー(MFA)
【空気が変わればタイヤが変わる、タイヤが変われば走りが変わる】

タイヤの空気は、通常エアーコンプレッサーで圧縮ることで、水分や油分を媒体に窒素や酸素等の分子は様々な個数で繋がった状態でタイヤ内に充填されます。
 マイクロファインエアーは、圧縮空気がMFA本体を通過する段階で、水分や油分を極力取り除き、MFA内のフィルターにぶつかることで、細分化された状態でタイヤに充填されます。
その為タイヤ内の状態は、同じ空気圧でもより密度の高い状態を作りだすことができます。
空気密度が高い状態は、空気の反発力はそのままに、タイヤのトレッド面をより丸い状態に近づけ、サイドウォールに張りを与えます。よってタイヤはより転がり安く、大きな入力ではサイドウォールは潰れにくく、小さな入力ではトレッド面の動きが良くなることで面圧を稼いだり、段差等の微振動を和らげるとができます。
 
これらのタイヤの動きの変化により、様々な変化が得られます。
・ 乗り心地が変わる
・ 直進性が変わる
・ タイヤの静粛性が変わる
・ 車の動き出しが変わる
・ コーナリングが変わる
・ ブレーキングが変わる
・ タイヤの滑り出しが変わる
(但し、タイヤサイズや銘柄により変化の状態は変わります)

---------------------------------------------------
オイルのクラスターサイズの最適化と同じ部分もありますね。

ブレーキGや加速G(シフトアップ時のトラクションG)何かの比較を近々やります。
タイムに影響出るかどうかはわかりませんが、ゼスティノで乗り心地が辛いというストリートユーザーにはオススメかも(笑)



ゼスティノ グレッジ07R装着

ゼスティノタイヤを取り扱うにあたり、街乗りの乗り心地等を試したくて07Rを調達し本日交換しました。
IMG_1346.jpg
IMG_1345.jpg

普段履きには18インチのクムホLE Sportを元々履いてたんですが、山がなくなって1年ぐらい転がしように17インチのZ2☆だったんですが、今回は久しぶりの18インチ装着。
17インチのZ2☆も結構乗り味が硬くて疲れる領域だったんですが、今回さらにケースが硬そうなゼスティノ グレッジということでどうなることやら…(^◇^;)

作業開始♪
IMG_1347.jpg

終了(笑)
IMG_1348.jpg

GDBでも18インチはカッコいいね(笑)

IMG_1349.jpg
サイズは、255/35-18。
街乗り・ツーリング用途の感触を知りたいので、装着スプリングはUC−01に交換しました。

ストリートユーズでのグレッジのインプレッションは次回アップします。それと、07Rでクローズド全開走行した時のタイムもタイヤの状態の良い時にやりたいと思います。



進化・改良されたUC-03



 取り扱いとセットアップアドバイス(一応)させていただいてる、Suspension PlusのUCシリーズ…。いろんな噂や憶測が飛び交ってますが、UC-03の低〜中レートがちょっと変わったようです(笑)
※現時点ではメーカーさんからは未発表です。

 特性的にどうかの話はココでは書きませんが、UC-03も高反発型ということでダンパーとの特性マッチングや扱い辛さと街乗り運行でキツいということもありあまり拡販せずUC-01を勧めてるのが現状です。
 さて、改良されたUC-03ですが、僕なりのインプレッション。(比較対象は従来のUC-03です)

・パツンパツン感が減って街乗り低スピードのアクセルオフでも突き上げ感が減った。…街乗り大事!(笑)
※減ったんであって、UC-01のような乗り心地にはならないです。
・ショートサーキット(MLS)をGDB・CT9A・S15で走ったところ、ざっくり言ってリアを抑えてつける意識をしなくて良い(わかりにくい表現ですね(^◇^;))。

狙ってなのかどうかわかりませんが、外観から想像するとリパンプ特性が変わってる気がします。

メーカーさんのラインナップを無視する話になりますが、ワイド&ハイグリップで走るんであれば
フロントは、従来のUC-03
リアに、新UC-03
が良かったです。(笑)特にリアがマルチリンクやウイッシュボーンの車種。

てなことで、昨日はサーキット周回ランサーに出荷。
今日は、ジムカーナ参戦ランサーに出荷。

IMG_1262.jpg


Suspension Plus UC-03

IMG_1255.jpg

ランサーエボのドライバーに出荷です。

Suspension PlusのUC-03…。いわゆる高反発特性の方。
ダンパーはTEINのSuperRacingをご使用とのこと。(ダンパープロファイルはオリジナルかモディファイか???です)
18インチのワイドタイヤでショートサーキットでの評価とセッティングの方向性をレポートしていただければと思います。

お待たせしました。よろしくお願いします。

Vita-01用オイル

IMG_1206.jpg
今週末に岡山国際サーキットで行われるOKAYAMAチャレンジカップレース 2017 Rd.6に、ABBEY Racingさんから1台出走するってお話をいただいて、本日出荷です。
鈴鹿サーキットのクラブマンレースと岡山国際のチャレンジカップとご使用いただきありがとうございますm(_ _)m

・T3R Compe-RR iZE2x
・T3R Compe-RR ギア iZG1xx

プロフィール

STRたか兄

Author:STRたか兄
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR